MENU

MENU

篠座神社の御霊泉
(しのくらじんじゃのごれいせん)

 養老元年(717)創建と伝えられる篠座神社境内の一帯が湧水地となっています。特に拝殿北側にある弁天池の臼から湧く清水は、眼病によく効くといわれ「篠座目薬」と呼ばれたほどで、遠くから水を汲みに来る人もいました。 また、大国主命が湧かせたという伝説も残っており、この弁天池には牛ケ原の三社神社の弁財天が合祀されています。江戸時代の干ばつ時には、尾永見・上大門・下大門の人々が、雨乞い踊りを続けながら神社まで参拝に来たといわれています。

雨乞い踊り(市指定無形民俗文化財)

昭和初期の弁天池

ページトップへ