MENU

MENU

義景清水
(よしかげしょうず)

 大野市役所の西側に位置している清水です。近くに戦国大名朝倉義景の墓があることからこの名が付いたと考えられます。 墓所の周辺は、公園化されており、公園の整備の際に、一度埋められた臼が再び掘り出され、きれいな水が湧き出しています。湧水の量により、イトヨの姿を見ることができます。

朝倉義景墓所

 天正元年(1573)織田信長に敗れた朝倉義景は、大野を本拠としていた一族の朝倉景鏡を頼って落ちのびてきましたが、景鏡に裏切られ、六坊賢松寺で自害したといわれています。五輪塔は、花倉家が寛政12年(1800)に曹源寺境内に建立したものを文政5年(1822)になって現在に移したもので、近くには家族や家臣の墓もあります。

ページトップへ