MENU

MENU

本願清水
(ほんがんしょうず)

 天正元年(1573)に越前を支配した朝倉氏が滅亡した後、織田信長の部将である金森長近が大野郡を統治し、亀山とその麓に越前大野城を構築、その東側に、短冊状の区割りを持つ城下町を建設しました。その際、水量が豊富であった本願清水の湧水を市街地まで導き、生活用水や防火用として利用したといわれています。名前の由来は、昔この近くに本願寺派の寺があったからとか、本願寺派の門徒を使って掘り広げられたからとも伝えられていす。”名水のまち越前おおの”を作り上げた原点がここにあります。
 湧水池は、国内の淡水型イトヨ生息地の南限として昭和9年に国の天然記念物に定され、平成13年7月には淡水型イトヨを市の貴重な財産として保護及び活用することにより、大野の水文化を発展継承することを目的に、清水の脇「本願清水イトヨの里」が開館しました。また、平成20年には平成の名水百選にも選ばれています。

昭和10年代の本願清水

 写真は現在の磐座神社境内から西に向かって撮影されたものです。中央に標柱が建てられており、その右側にある高札は、説明板と思われます。柱の後ろには、木製の橋が架けられており、写真左下には文部省と書かれた石碑が写っています。

乳出し地蔵の写真

乳出し地蔵

 元は本町通りにありましたが、夢のお告げによって本願清水に移されたといわれています。母乳の出ない人がお参りして一食分の白米を白い布にみ本願清水に七日間つけておき、そのお米でおかゆを炊いて食べると乳が良く出るようになるといわれています。

ページトップへ